妊娠中の白髪染めは大丈夫なのか

妊娠中は普段と体質が変化しているため、気を付けないといけない事がいろいろあります。
風邪薬を服用する、ムダ毛の脱毛をするなど普段であれば問題がない行動でも妊娠中は胎児に影響を与えてしまう場合があります。
では妊娠中に白髪染めをしてもいいのでしょうか?

■妊娠中に白髪染めをしても大丈夫なのか

医者の意見は白髪染めをしても大丈夫だという人もいれば、妊娠中も授乳中もしてはいけないという人もいて意見が分かれるようです。
白髪染めの商品のパッケージの裏にも注意事項として妊娠中は使用しないようにと書かれてある商品もあります。
妊娠中は体調が普段とは違っています。ではどんな症状が現れる可能性があるのでしょうか?

■皮膚がデリケートに

妊娠中はホルモンバランスが崩れる影響もあり、非常に皮膚がデリケートな状態です。
普段は肌が丈夫で荒れにくい人でも敏感肌になり白髪染めの染液で頭皮がかぶれてしまったなどの症状が出る妊婦も少なくないようです。
それに白髪染めの商品によっては匂いがかなりキツイものもあります。
つわりがひどいと気にその匂いを嗅ぐとよくないかもしれません。

■胎児に影響はあるの?

そしてもっとも気になる事は胎児に影響があるのか?という点ですよね。
風邪薬などのように体内へ摂取するものなら気を付けていても、皮膚だから大丈夫だと思われるかもしれません。
しかしながら皮膚から体内に浸透し毛細血管に入り込む可能性はゼロではありません。
母親と胎児はへその緒で繋がっていますから、毛細血管に白髪染めに配合されている合成成分などが入り込むかもしれないと考えると怖いですよね。

皮膚に優しいもの、合成成分を配合していない天然素材のもの、安全性の高い白髪染めなら大丈夫だと思いますが不安があるのであれば妊娠中は白髪染めはしない方がいいのかもしれません。