ルプルプヘアカラートリートメントはどうして手につかないのか

自宅で白髪染めをするとお風呂場は大変な事になってしまいます。
まずツンと鼻につく匂いがしますし、手袋をつけて白髪染めをするとゴワゴワして作業がしにくいのです。
その作業がしにくい手でするために染料が頭皮についてしまったり、おでこについてしまったり、手袋が脱げて手についてしまったりします。
そして着いてしまった染料は洗ってもなかなか落ちずに恥ずかしい思いをする、そんな経験をした事がありませんか?

■手につかない

ルプルプヘアカラートリートメントは染料が手についても問題ありません。
そもそも手袋をして作業をする必要がないのです。通常のトリートメントを使う時と同様に素手で髪につけるだけです。
そして石鹸で洗えばすぐに染料は落ちますが、髪にはしっかり着色し、簡単に色落ちする事がなく、染まった状態で長持ちします。

■なぜ手につかないのか?

ではなぜ手につかずに洗えばすぐに落ちてしまうのか?というと合成着色料を一切使用していないからです。
着色料は植物由来のベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを配合しています。
植物由来の着色料なので髪表面にしっかり浸透し着色しますが、頭皮や手についたものは簡単に石鹸で落ちるというわけです。

ただし染料は最初の3回は少し染料が安定せずに染まりにくい傾向があるのでシャワーキャップでラッピングし髪に塗って20~30分待つ事で染料が馴染みすくなります。
4回目以降は10分程度の待ち時間でOKです。